家族によって必要金額が違う

今現在の生活費がどのくらいなのか、これを考慮すると今後必要となってくる費用を計算できますが、現在の生活費の額がそのまま必要ということはありません。基本的にお亡くなりになった方の生活費は必要なくなります。また遺族年金等が支払われるということも頭に入れておきます。

通常、お子さんがいる家庭の場合、大黒柱となる夫が亡くなった場合、残されたご家族の生活費は、大体お父さんが生きておられる頃の70%暗いといわれます。お子さんが独立されれば妻の生活費は、今現在、夫が生きている状態の半分程度で足りるといわれます。

住宅ローンの支払いに関しても、今現在かかっている生活費の中に含まれていると思いますが、通常、ほとんどの場合、住宅ローンの保険があり、夫が名義となっている場合は、死亡以降、支払う必要がなくなるので、住宅ローンに関しての費用もこの先必要な費用から差し引いていい、ということになります。

賃貸の場合、この費用も死亡保障で考えておくことが必要となります。負担が大きいという場合には、妻の実家で暮らすなど、賃貸ではないところで暮らすことが理想的です。

しかし生活していく上で、経済的な負担はいつ何時起こるとも知れないことになるので、余裕があるのなら、死亡保障を手厚くしておく方がいいと考えておきましょう。

万が一の際に必要な費用

もしも、自分が死んだら?どのような費用が必要となるのかということを考えてみましょう。今回は一家の大黒柱となっているお父さんがお亡くなりになった場合を考えてみます。まず、必要となるのが死亡整理金と呼ばれる資金です。

この死亡整理金という資金は、葬儀費用などのお亡くなりになったことで即時必要となる費用です。葬儀費用がこれに当たります。さらにその方がお亡くなりになった以降、亡くなる前と同様の生活が維持できるための費用も必要でしょう。生活費、住居に関する費用など考えておかなければなりません。

さらにこの先、お父さんが生きていれば、この先のお給料で徐々に貯蓄していこうと考えていたお子さんの教育費用なども考えておくべきです。現在は、高校へ行くのが当然、大学に行くのも当たり前という世界になっています。進学という面を考慮することも、生命保険の死亡保険金を考えるとき、重要なことです。

葬儀費用などの死亡整理金については、200万円くらいあれば一般的葬儀ができますし、最近は経済的負担を少なくするため、家族葬などを行う遺族も少なくありません。

それ以外の費用、つまり今度生活していくために必要となるお金、また教育費用などについて、生命保険の死亡保障部分でしっかりと考える必要があるのです。

ライフステージが変わるとき

生命保険に関しては、入ったままでライフステージが変わっているのにまったく保険見直しを行っていないという人も少なくありません。
社会人になるとき、家族に任せて保障内容を選んでもらい、内容を確認することもなく生命保険に加入した、その後、結婚というときになっても保険見直しを行っていないという人も多いですし、受取人の名義変更だけ済ませたという人も多いです。
しかし、結婚したということで必要な保障も出てきますし、お子さんが誕生すれば、また別の保障なども考える事が必要です。

特に結婚し、自分にご家族ができたという人は、家族にとって有効的な生命保険であることが望まれます。お子さんがいれば、自分が亡くなった後、教育に困らないように、ということを考えることも必要ですし、残されたご家族が生活をしっかりしていけるように、当面必要な費用を賄う必要もあるのです。

勿論、貯蓄ということもプラスして考えておく必要があるので、生命保険見直しと貯蓄との兼ね合い、家族の状況などを考慮して生命保険見直しを進めていくといいでしょう。

特に死亡保障の見直しに関しては、家族状況が非常に深くかかわってくるので、ライフステージが変わる際、しっかりと見直しすることが必要となります。

保険見直し「死亡保障について」

万が一の際に活用される生命保険、時に、何もないのに毎月保険料を支払うなんてすごく損をしているように感じるという人がいますが、何もないことが一番です。
勿論、毎月保険料を支払うということは経済的負担となる事です。でも毎月この保険料を支払っておくことで万が一の際、自分も家族も未来を見据えた暮らしが出来るのですから、損をすると考えずに、未来に対する安全を買っているのだと考えておくといいでしょう。

生命保険はもしもの時に備える保険です。保険をかけている方が、病気や事故で死亡した場合に保証されます。
例えば一家の家計を支えているお父さんが死亡した場合、生活のためのお給料がはいらなくなりますし、生活をしていくための経済的負担が家族にのしかかってきます。そんな時に、しっかりと未来を見据えた生活ができるようにかける保険が生命保険です。

生命保険に加入する場合また見直しなどを、この死亡保障をいくらにすればいいのかということが非常に大きなポイントとなります。
死亡した場合に受け取ることができる保険金額をアップすれば、当然毎月の保険料が上がります。しかし、死亡保障額を下げておけば、その分、万が一の際、生活のために必要な費用がたらなくなるということもあるのです。

そうならないように、生命保険に加入される際、また保険見直しを行う場合、死亡保障についてしっかり考えておく必要があります。死亡保障に関してしっかりと重点を置き、万が一の際に困ることが無いように、当サイトで保険見直しを考えていただけたら幸いです。